遺伝子組換え実験について
 
 九州大学において遺伝子組換え実験を実施する場合は、「遺伝子組換え生物等の使用等に規制による生物多様性の確保に関する法律」及び「研究開発等に係る遺伝子組換え生物等の第二種使用等に当たって執るべき拡散防止措置等を定める省令」等の法令、並びに「九州大学遺伝子組換え実験指針」「九州大学遺伝子組換え実験安全管理規則」及び「九州大学遺伝子組換え実験安全管理細則」を遵守して下さい


  

  遺伝子組換え実験手続きの流れ

    1. 実験責任者は実験計画書を作成したら所属部局の事務担当係まで提出してください。
      ※事務担当係にて安全主任者への確認及び総長への申請手続きを行います。

    2. 申請した実験計画書は遺伝子組換え実験安全委員会で審査され、審査結果は所属部局長を通じて、
      実験責任者に通知されます。 ⇒遺伝子組換え実験審査承認手続きの流れ

    3. 実験は承認通知を受けてから開始してください。

    電子申請システムはこちら


    * 大臣確認実験については、実験計画内容を事前に文部科学省に提出し、チェックを受けた上で
       承認申請書を提出することになっています。 ⇒大臣確認実験について


    * P1レベル以外の遺伝子組換え実験施設については、別途委員会の認可が必要となります。
       認可方法については、「遺伝子組換え実験施設拡散防止の手続きの流れ」を参照ください。

    * 遺伝子組換え実験の承認申請をするには「遺伝子組換え実験従事者に対する教育訓練」を受講してい
       なければなりません。


  遺伝子組換え生物等の運搬について

    * 遺伝子組換え生物等を含む試料及び廃棄物の運搬に当たっては破損しても
       容器内の遺伝子組換え生物等が漏出、逃亡、その他拡散しない構造の容器に入れて
       搬出してください。
       また、遺伝子組換え生物等をキャンパス間において運搬する際には、
       遺伝子組換え生物等に係る運搬ラベルを運搬容器表面に掲示してください。
       ⇒遺伝子組換え生物等に係る運搬ラベル

問い合わせ先
 ○事務手続きに関すること
   ・全学的な取扱いに関すること
     事務局総務部環境安全管理課安全管理係
      TEL:092-802-2387 (内90-7137)  FAX:092-802-2076 (内90-2076)
      メール:gjgseimei@jimu.kyushu-u.ac.jp

   ・各部局における取扱いに関すること
     各部局事務部等遺伝子組換え実験担当

 ○技術的な内容に関すること
    各部局等を担当する遺伝子組換え実験安全主任者


     提出書類等
   ・ 新 規 申 請 : 遺伝子組換え実験(機関実験)承認申請書 (様式1-2)
               遺伝子組換え実験(機関実験)計画書 (様式2)・別表
   ・ 変 更 申 請 : 遺伝子組換え実験(機関実験)変更承認申請書 (様式1-3)
               遺伝子組換え実験(機関実験)計画書 (様式2)・別表
      * 記 入 例 : 遺伝子組換え実験(機関実験)計画書 (様式2記入例)

   ・ 大臣確認実験  : 遺伝子組換え実験(大臣確認実験)承認申請書(様式1-1)別紙
                第二種使用等拡散防止措置確認申請書一覧表
     * 記 入 例 : 第二種使用等拡散防止措置確認申請書、 一覧表 (記入例)

    ・ 終了(中止)報告書:  遺伝子組換え実験終了(中止)報告書 (様式4)
   
  遺伝子組換え実験施設拡散防止の手続きの流れ(PDF)  
  遺伝子組換え生物等の譲渡の手続きの流れ(PDF)     ⇒Webによるカルタヘナ申請手続へ
  遺伝子組換え生物等の輸出入の手続きの流れ(PDF)  


     ※その他、手続きに必要な各種様式等は『様式ダウンロード』から入手して下さい。 



   
  遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物多様性の確保に関する法律
  遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物多様性の確保に関する法律施行規則
  研究開発等に係る第二種使用等に当たって執るべき拡散防止措置を定める省令
  研究開発等に係る遺伝子組換え生物等の第二種使用等に当たって執るべき拡散防止措置を定める省令の規定に基づき認定宿主ベクターに系等を定める件(平成16年文部科学省告示第7号)新旧対照表
  研究開発等に係る第二種使用等に当たって執るべき拡散防止措置を定める省令の規定に基づき
認定宿主ベクターに系等を定める件の一部を改正する告示(概要)
  
  令和3年2月15日に「研究開発等に係る第二種使用等に当たって執るべき拡散防止措置を定める省令の規定に基づき認定宿主ベクターに系等を定める件(平成16年文部科学省告示第7号)」が改正されました。  
  研究開発等に係る遺伝子組換え生物等の第二種使用等に当たって執るべき拡散防止措置を定める省令の規定に基づき認定宿主ベクターに系等を定める件の一部を改正する告示」について
   
  九州大学遺伝子組換え実験指針(第7版)
  九州大学遺伝子組換え実験指針ダイジェスト(第7版)
  九州大学遺伝子組換え実験安全管理規則
  九州大学遺伝子組換え実験安全管理細則
  九州大学遺伝子組換え実験安全主任者一覧
   
  九州大学研究用微生物安全管理規則 
   ・微生物取扱届出書(レベル1相当様式第1号) ・微生物取扱届出書(レベル2様式第2号) 
   ・微生物取扱申請書(様式第3号) ・微生物供与申請書(様式第4号)
   ・微生物取扱終了届出書(様式第5号)
   ・微生物(特定病原体等)実験室等取扱施設認可願(様式第6号) ・様式第6号別表1~3
   ・微生物(特定病原体)実験室等取扱施設廃止届(様式第7号)
   ・バイオハザードマーク(様式第8号) ・実験記録簿(様式第9号)
  九州大学研究用微生物安全管理細則  

                                                                  


        
    ≪文部科学省等≫
  「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物多様性の確保に関する法律」の周知及び遵守の徹底  (H17.8.10文部科学省通知
  「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物多様性の確保に関する法律」の周知及び遵守の徹底
(H19.3.2文部科学省通知)
  遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物多様性の確保に関する法律第28条に規程する輸出の際の表示について(H16.10.18文部科学省通知)
  遺伝子治療臨床研究に関する「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する
法律」に基づく第一種使用規程承認申請の手続等について(H16.2.19厚生労働省通知
  農林水産大臣がその生産又は流通を所管する遺伝子組換え植物に係る第一種使用規程の承認の申請及び農林水産大臣がその生産又は流通を所管する遺伝子組換え生ワクチンに係る第一種使用規程の承認の申請について(H19.12.10農林水産省・環境省 通知
   
    ≪九州大学≫
  遺伝子組換え実験に係る教育訓練について(H28.12.21)

                                                                  
 
 
                                  

   
   文部科学省ライフサイエンスの広場
    文部科学省 ライフサイエンス 安全に関する取り組み  遺伝子組換えに関するQ&A
    文部科学省 ライフサイエンス 遺伝子組換え生物等の第ニ種使用等の手引き
    生物多様性に関する条約のバイオセーフティーに関するカルタヘナ議定書
    疫学研究のための倫理指針ホームページ(厚生労働省)
    動物実験に関するホームページ
    有体物管理センター