研究成果

タイトル 【URA機構主催】 国際食料・農業資源セミナーの開催 (2/12,14)

   国際食料・農業資源セミナーの開催


 平成27年2月12日と14日に、宮崎のホテルメリージュ(於:琥珀の間)にて国際食料・農業資源セミナーを本機構主催で開催しました。本セミナーは文部科学省「研究大学強化促進」事業における、人文社会学系研究者の研究推進支援の一環として、URAが企画・実施したものである。

 オーガナイザーとして本学の伊東正一教授(農学研究院農業資源経済学部門)と韓国のHan DooBong教授(高麗大学、食品資源経済学科)よりご協力くいただき、日本、韓国、中国、台湾、インド、アメリカ、アフガニスタンなど全7ヶ国の研究者、総勢50名が集まり「ジャポニカ米の巡る国際情勢」について精力的に議論を行った。
 

 二日間にわたり、下記4つのセッションで構成されたセミナーは23名のテーマと2つの基調講演で行われた。

<Session 1> Global and Domestic Food Price Fluctuations
<Session 2> Environment and Rural Life
<Session 3> Marketing and International Trade
<Session 4> Policy and Finance


 参加された研究者らはアメリカやベトナムなど輸出国の状勢や政策に関わる自国の政策や周辺国との連携について議論し、積極的な意見交換を行った様子だった。URA機構としては人文社会学系研究者の研究推進における新たな支援モデルになれると感じた。

      

      

 
  
 
ファイル チラシ案 150209 ver.3.jpg
日付 2015-03-16 12:47