事業概要

ホーム > 事業概要
事業の目的

九州大学テニュアトラック制は、平成18年度科学技術振興調整費採択「次世代研究スーパースター養成プログラム(SSP)」で構築した基盤をもとに、公正で透明性の高い審査で選抜された優秀な若手研究者が、期限付の雇用形態で自立した研究者として経験を積み、審査を経て安定的な職に就くことができる仕組みを普及・定着させることにより、優れた若手研究者の育成に寄与し、もって本学の研究活動の活性化を図ることを目的とする。

用語の説明
テニュアトラック制教員

九州大学テニュアトラック制に基づき教育研究業務に従事する教員。

テニュアトラック期間

テニュアトラック制教員として雇用され雇用期間が満了するまでの期間(ただし、期間中にテニュアポストに就いた場合は当該テニュアポストに就くまでの期間)。

実施部局

テニュアトラック制教員が実際に研究を行う部局であり、テニュアトラック期間後に通常教員として採用するためのテニュアポストを確保している部局。

九州大学テニュアトラック制の流れ.

九州大学テニュアトラック制の流れ

  • Tenure-Track Program (English)
  • 概要パンフレット (PDF)