外部資金等公募情報

Title Call for participants of Writing Seminar Series(2015.03.14 & 03.21)
 
英語学術論文執筆セミナー
Writing Seminar Series
 
[概要編] 英語論文執筆・投稿のために必ず知っておきたいこと
Writing Seminar: How to write and publish an academic paper in English
~Suitable for researchers with little publication experience~
【日時】:3月14日(土) 10:00-17:00  【定員】: 40 人
【Date & Time】:March 14 (Sat) 10:00-17:00  【Capacity】: 40 people
【会場】:JR博多シティ会議室  【言語】:英語
【Venue】: JR Hakata City   【Language】: English
【対象】:本学教員・学術研究員および博士課程大学院生
【Eligible Participants】: Faculty members, Research fellows and Ph.D students of Kyushu University

【Program】(tentative)
This seminar intends to educate young researchers with little publication experience on academic publishing including publication ethics, effective writing, manuscript structure, and communicating with journals. 
 
[実践編] 英語論文採用率をさらに高めることを目指して
Writing Academic Papers in English: Towards a Higher Journal Acceptance Rate
~Suitable for researchers with publishing experience~
【日時】:3月21日(土) 10:00-17:00   【定員】: 30人
【Date & Time】:March 21 (Sat) 10:00-17:00  【Capacity】: 30 people
【会場】:JR博多シティ会議室  【言語】:英語
【Venue】: JR Hakata City     【Language】: English
【対象】:本学教員・学術研究員および博士課程大学院生
【Eligible Participants】: Faculty members, Research fellows and Ph.D students of Kyushu University

【Program】(tentative)
This seminar intends to give researches with publishing experience the skills necessary to increase their chances their manuscript will be published and widely read in the field. Topics will focus on journal selection, manuscript structure, and communicating with journals. It will include hands-on group activities to stimulate discussion and reinforce the presented content.
 
【参加申込方法 / How to apply】
メールの件名は、
3月14日のセミナーを希望される方は、「3/14 セミナー(概要編)申込」、
3月21日のセミナーを希望される方は、「3/21 セミナー(実践編)申込」とし、
研究戦略企画室(office@srp.kyushu-u.ac.jp)まで以下の1)~6)を記入し、お申込み下さい
複数のセミナーを申込みされる方、また、複数名で申込みされる方は、必ずそれぞれのセミナーについて別々にお申込みいただきますようお願いいたします
 
1)   氏名(日本語、英語表記)
2)   参加希望セミナー(例:3/21セミナー[実践編])
3)   所属
4)   身分(例:助教、博士課程3年)      
5)   連絡先(電話、メールアドレス)       
6)   国際誌への投稿回数(例:3回、なし) 
 
 
Please contact the Office for Strategic Research Planning (office@srp.kyushu-u.ac.jpwith the following information:
1)  Name                       
2)  Title of seminar wishing to join (e.g.:3/14 writing seminar)  
3)  Affiliation               
4)  Position / Year (e.g.: Assistant Professor, PhD student [3rd year])
5)  Contact Information (Email address & Phone number)  
6)  Experience of submitting papers to international journals  (the number of times)
 
In case you wish to join both seminars, please apply separately (NOT TOGETHER).
For those who wish to join “Writing Seminar: How to write and publish an academic paper in English”, indicate “3/14 Writing Seminar” in the subject line of your email. 
For those who wish to join “Writing Academic Papers in English: Towards a Higher Journal Acceptance Rate”, indicate “3/21 Writing Seminar” in the subject line of your email.
 
【連絡事項 / Notes】
・参加申込をされた方には、こちらから確認メールをお送りします。送付後3日(平日)を経過してもメールが届かない場合は、上記アドレスまでお問い合わせください。
申込多数の場合は、抽選により決定します。参加の可否については、2月25日(水)頃までにお知らせします

 
・After receiving your application, we will send you a confirmation e-mail within 3 business days. If you don't receive any email from us, please contact the email address above.
In case of too many applications, we will hold a draw for place allocation.We will let you know the result around February 25.




  
【講師 / Lecturers】
Dr Jeffrey Robens :エダンズ シニアリサーチコンサルタント・教育グループリーダー
2003 – PhD Pharmacology, University of Pennsylvania, USA
1997 – BSc (Cum laude) Psychology, Arizona State University, USA
主に細胞生物学、神経科学、生物工学に焦点をあてた生命科学における多様な研究背景を有する。米国のペンシルベニア大学卒業後、シンガポールや日本のさまざまな研究所や大学で活動。現在は、エダンズのシニアリサーチコンサルタント・教育グループリーダーとして、編集だけでなく、英語が母国語でない著者のために、論文の質を高めるための教育セミナーを世界各地で行っている。幅広い研究や出版の経験をもとに、英語が母国語でない研究者の論文採用率を高めるための支援を行っている。
 
Dr Andrew Jackson :エダンズ 化学シニアエディター
2013 – PhD Chemistry, University of Queensland, Australia
2008 – MChem, University College, Oxford, UK
材料科学に関して大学および企業で国際的に研究を積んだ化学者。オックスフォード大学では、C-H活性化および有機金属触媒反応を主に研究し、京都大学でも同領域の研究を継続。企業で試薬の新しい合成法の開発に携わったのち、オーストラリアのクイーンズランド大学の博士課程に入り、Centre for Organic Photonics and Electronics(COPE)で研究を実施。ここでの研究は、ナノ結晶/有機複合材料の合成および特性分析、ならびに物質のオプトエレクトロニクス応用に焦点を当てる。COPEで研究中に、有機発光ダイオード用の新規高分子の開発、および水分解用のナノ結晶触媒の開発に携わる。化学および材料科学の専門知識・技術を活かして、2013年にシニアエディターとして福岡オフィスに加入。

  
File writing seminar series leaflet.pdf
Date 2015-01-30 15:46